株式会社モリタ東京製作所

staff_sp
2017年新卒入社
東京都立産業技術高等専門学校出身

中村 政裕 Masahiro Nakamura

製造部 製造1課

入社から今までのキャリア

入社から1年目。
新入社員研修でいろいろなカリキュラムを体験し、製造ライン研修では各職場を経験させてもらいました。
今は製造1課の組立1係で、チェアユニットの下部とヘッドレストの組み立てを担当しています。

現在の仕事のやりがいや醍醐味はどんなところですか?

製造部で採用しているセル生産方式は、製品の完成まで一貫してかかわることができるので、責任感と達成感が芽生えます。
また、コミュニケーションを取りながら作業を行わないといけないため、常に考えながら作業をするのが難しいですが、とてもやりがいを感じます。

ph1_sp
現在の仕事をする上で大切にしていることはなんですか?

規則正しい生活を心がけ、作業に集中できるようにしています。
また、できるだけミスを無くすように指差し確認をしています。
先輩方に迷惑をかけないように作業スピードの向上を日々行い、努力しています。

ph1_sp
入社してからこれまでの間で
忘れられないエピソードを教えてください。

4月に入社し、2か月間の新入社員研修を終え、配属後、1か月間京都にあるグループ会社のモリタ製作所へ出張に行ったことがとても思い出に残っています。1か月という長い期間、研修とは全く異なったため、 とても不安に思っていました。しかし、一緒に出張へ行った上司ともう一人の同期がいましたし、モリタ製作所にて指導してくださった方に優しくご指導いただき、今となってはとても良い思い出となりました。

モリタ東京製作所は
どんな会社だと感じていますか?

上司や先輩方がとても優しく、休憩時間などには話しかけてくれるので、アットホームな雰囲気があります。
仕事と休憩時間でメリハリがしっかりしている会社です。

ph1_sp
入社してから一番うれしかった
エピソードを聞かせてください。

配属されてから担当の仕事がもらえたことが1番うれしかったです。
1年目ということで研修が多く、決まった作業をするということがないため、仕事をもらえたことは私にとってとても励みになりました。

モリタ東京製作所に入社しようと思った
決め手はなんですか?

学生時代、医療福祉工学を専攻しており、医療関係の仕事に就きたいと思っていました。
なかでも、モリタ東京製作所の工場見学をした際、事業内容や会社の雰囲気に魅力を感じました。
社内の人たちもとても親切で、「この会社に入って一緒に仕事をしたい」という思いが湧いてきました。

とある一日の流れ

出社 : 社員寮に住んでいるので、通勤はゆっくりです。
作業 : 組立作業には段取りが欠かせないのでヘッドレストの下組みをします。
休憩
作業開始 : 引き続きヘッドレストの組立に取り組みます。
お昼休憩
作業開始 : 職場で連絡事項など、ミーティングを行います。
休憩
作業開始 : 診察台の昇降部分の組立をします。歯科用ユニットの中は、基板や配線が多く、組立もとても複雑です。
退社

就職活動中のみなさまへ

学生から社会人になるということは人生においてとても大きな出来事なので、
自分に合った企業を探していって欲しいです。
入社してからコミュニケーションはとても大事だと痛感しました。