株式会社モリタ東京製作所

staff_sp
2008年中途入社
人文学部出身

高橋 裕子 Yuko Takahashi

製造部 生産技術課

入社から今までのキャリア

入社後、技術管理課で医療機器薬事の認証や承認、品質ISOに携わり、5年目からは設計監理課で製品の部品構成や図面管理、設計変更の事務処理などの業務を行いました。
そして、8年目から現在に至るまで、生産技術課で設備や標準書、工程表の管理、環境ISOを担当しています。

現在の部署ではどのような仕事をしていますか?

環境ISO事務局としての業務や製造設備の管理、標準書や工程表の管理など。製造部事務の業務も並行して行っています。

ph1_sp
仕事のやりがいや醍醐味はどんなところですか?

仕事の効率化を図って提案した内容が採用され、みんなが働きやすい環境で仕事ができるようになるなど、職場のみなさんに必要とされていると実感したときに一番やりがいを感じます。
また、みんなで一丸となって課題となっている仕事をやり遂げた時はうれしいです。
生産技術課に配属されてからは、やりたいと思ったことを快諾してくれて、建設的な話し合いができ、自身のスキルアップに多いに協力してくれ、また一段とやりがいを感じているところです。

ph1_sp
仕事をする上で大切にしていることはなんですか?

現在、時短勤務なので、限られた時間のなかでどれだけ数多くの業務をこなせるかがポイントになってくるので、時間を意識して仕事を進めています。
また、子供の急病などで急な休みを取らなければならないことも多いので、つねに上司とのコミュニケーションを心がけています。

モリタ東京製作所は
どんな会社だと感じていますか?

職場によってさまざまなカラーがあって面白いです。各職場にはそれぞれのエキスパートがいて、とても勉強になります。また、後輩の面倒をよく見てくれる先輩がいるので、とても勉強になります。福利厚生が比較的整っていると思います。

ph1_sp
入社してからこれまでの間で、忘れられない思い出やエピソードを教えてください。

入社して担当していた薬事認証の業務で初めて一人で申請書類を作成し、
認証が下りた時の達成感は忘れられません。薬事申請は医療機器製品を製造・販売する上で欠かせないもの。すべてが完了した時に上司に褒めてもらったことがとてもうれしかったです。
また、毎年行われる大忘年会も思い出深いです。従業員が一堂に会して素敵な結婚式場の一室を貸し切って行われます。みんなでワイワイおいしい料理を食べて、飲んでとても楽しいひと時です。

休みの日など仕事以外の時間はどのように過ごしていますか?

平日、退社してからは買い物や子供のお迎えとバタバタ過ごしていますが、休みの日は子供や家族との時間を大切にしています。
家族で公園に行ったり、お天気がいい日にはお弁当を持ってピクニックに行ったりしています。
たまに主人に子供を預けて、ショッピングや友人と会うなど、ゆっくり一人の時間を楽しむこともありますね。

入社してから一番うれしかったエピソードを聞かせてください。

つい先日のことですが、昨年末に、育児と就労を両立し、女性活躍の推進に努めたということで、会社から「多様な働き方推進賞」という賞をいただきました。
10年近く働いてきましたが、このような賞をいただくことができて本当に嬉しかったですし、育児と仕事の両立は想像以上に大変ですが、これまで頑張ってきてよかったと思えました。

モリタ東京製作所に入社しようと思った
決め手はなんですか?

自分の能力が活かせるチャンスがありそうだったからです。
また、社会に貢献している企業で働きたいと思っていたので、ここならぴったりだなと感じました。

とある一日の流れ

出社 : 子供を保育園に預けて、急いで出社。
メールチェック。そして、今日やらなければならない業務のチェックをします。
製品に欠かすことのできない、定格銘板の作成。
スキルアップを目指し、最近始めた製図の勉強として図面の作成。
お昼:社員食堂での先輩とのおしゃべりが楽しみです。
課内ミーティング 今日は職場活性化がテーマ。
環境ISO関連で、製造現場や社屋周辺の騒音を測定。
他部門または製造部から発行された書類を各係へ配布します。
作業標準書の改版・廃止作業 製造現場の重要書類ですので、
取扱には十分な注意を払っています。
退社:課長・係長へ本日の報告をして退社。

就職活動中のみなさまへ

就職活動という未知の世界に飛び込んで、不安なこともたくさんあると
思うのですが、いつでも希望を持って進んでください。
努力はきっと報われます!ありのままのあなたを企業にアピールして
みてくださいね。時には立ち止まってしまうこともあるかもしれません。
そんなときは、焦らずジックリ自分と向き合ってみてください。
きっとあなたを必要としている企業があるはずです。
自分にとって一番いい企業と出会えるといいですね、応援しています!